牧阿佐美バレヱ団のホームページへようこそ。世界からトップダンサーをゲストに招き、牧阿佐美と三谷恭三が華麗な舞台を創造します

牧阿佐美バレヱ団ダンサーズブログ
牧阿佐美バレヱスクール
眠れる森の美女眠れる森の美女

ドン・キホーテ

Don Quijote
明るく情熱的なスペインを舞台にした、ユーモアたっぷりの人気演目。ダンサーの超絶技巧を存分にご堪能ください。
都民芸術フェスティバルの公式サイトはこちら>>

日時:2018年
   3月3日(土)15:00
   3月4日(日)14:30

    <全2回公演>  

会場:文京シビックホール 大ホール

公演終了

チケット料金(税込・全席指定):
S席11,000円、A席8,000円、B席5,000円
フェスティバルシート3,000円(2月3日よりバレヱ団オフィシャルチケットでのみ発売。座席選択不可)
S席ペア20,000円、A席ペア15,000円、B席ペア9,500円
(ペア席は2階席限定)
当日券がある場合のみ学生割引あり A席4,000円 B席3,000円
(要学生証提示、座席選択不可。)

チケット発売日:
一般発売開始:11月29日(水)より 
※メール会員先行:11月24日(金)より
チケットについての詳細はこちら>>

チケット取扱:
バレヱ団オフィシャルチケット 
シビックチケット、チケットぴあ、イープラス、楽天チケット

お問合せ:
牧阿佐美バレヱ団公演事務局 Tel 03-3360-8251
(平日 10:00~18:00)

出演者
指揮 デヴィッド・ガルフォース
演奏 東京オーケストラMIRAI
演出・振付

アザーリ・M・プリセツキー、ワレンティーナ・サーヴィナ
(プティパ、ゴルスキー版に基づく)

作曲 レオン・ミンクス
出演者
キトリ バジル
エフゲーニヤ・オブラスツォーワ
エフゲーニヤ・オブラスツォーワ
ボリショイ・バレエ プリンシパル
ドミートリー・ソボレフスキー
ドミートリー・ソボレフスキー
スタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ記念
モスクワ音楽劇場バレエ団 
シニア・プリンシパル

  3月3日(土) 15:00 3月4日(日) 14:30
キトリ エフゲーニャ・オブラスツォーワ
バジル ドミートリー・ソボレフスキー
ドン・キホーテ 保坂アントン慶
サンチョ・パンサ 橋本哲至 細野生
 
1幕1場  
街の踊り子 三宅里奈 日髙有梨
キトリの友だち 青山季可  中川郁 高橋万由梨  光永百花
エスパーダ 菊地研 ラグワスレン・オトゴンニャム
ガマーシュ 坂爪智来 近藤悠歩
1幕2場  
酒場の踊り子 久保茉莉恵 三宅里奈
 
2幕1場  
ジプシーの首領 塚田渉
ジプシーの女 田切眞純美 久保茉莉恵
2幕2場  
森の女王 阿部裕恵 青山季可
キューピット 太田朱音 米澤真弓
 
3幕  
キトリの友だち 日髙有梨  織山万梨子 阿部裕恵  太田朱音
町の女達 茂田絵美子  久保茉莉恵  三宅里奈  光永百花
ボレロ 岡本麻由  塚田渉 塩澤奈々  石田亮一

ほか、牧阿佐美バレヱ団
2018年1月現在予定されているキャストです。今後変更が生じる場合がございます。

※4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。お子様も一人一枚チケットをお求めください。
※座席により舞台の一部が見にくい場合がございます。
※やむをえない事情により出演者等が変更になる場合がございます。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更および払い戻しはいたしません。
※開演後はご入場を制限させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※上演時間:約2時間35分(休憩2回含む)
出演者
キトリ
Evgenia Obraztsova
エフゲーニヤ・オブラスツォーワ
ボリショイ・バレエ プリンシパル
 サンクトペテルブルク生まれ。2002年にワガノワ・バレエ学校を卒業し、同年マリインスキー・バレエに入団。2010年より国立モスクワ音楽劇場のゲスト・ソリスト。2012年にボリショイ・バレエに入団。
 ワガノワ賞(2002年サンクトペテルブルク)、モスクワ国際バレエ・コンクール1位(2005年)、ゼーニャ・マリインスキー・ニュー・タレント賞(2005年パリ)、レオニード・マシーン・ポジターノ・ダンス賞(2006年)、国立劇場賞「金の仮面」(2007年)、ニノ・アナニアシヴィリのスター賞(2008年トビリシ)、雑誌「バレエ」によるソウル・オブ・ダンス賞(2009年)、「MissVirtuosity」オープン・ダンス・フェスティバル賞(2012年サンクトペテルブルク)を受賞。
 レパートリーは、「ラ・シルフィード」と「ジゼル」のタイトルロール、「眠れる森の美女」のオーロラ姫、「ロミオとジュリエット」(ラヴロフスキー版)のジュリエット、「ドン・キホーテ」(アレクセイ・ファジェーチェフ版)のキトリ、「愛の伝説」のシリン、バランシン振付「アポロ」のテレプシコーラ、「シンフォニー・イン・C」の第4楽章、「バレエ・インペリアル」「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」、「エメラルド」のソリスト、フォーサイスの「精密の不安定なスリル」「イン・ザ・ミドル」「アプロクシメート・ソナタ」、ロビンスの「イン・ザ・ナイト」、ラトマンスキーの「シンデレラ」のタイトルロール等多数。
 新作で演じた主役にはピエール・ラコットの「オンディーヌ」、「フローラの目覚め」のフローラ、フォーキンの「カルナヴァル」のコロンビーヌ、ヤコブソン振付「シュラーレ」のシュインビケなどがある。
バジル
Dmitry Sobolevsky
ドミートリー・ソボレフスキー
スタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ記念
モスクワ音楽劇場バレエ団 
シニア・プリンシパル
 ノリリスク生まれ。2002年にクラスノヤルスク国立舞踊大学に入学。2010年に卒業後、クラスノヤルスク国立オペラ・バレエ劇場にリーディング・ソリルトとして入団。2012年に国立モスクワ音楽劇場バレエに入団。
 レパートリーは、「ラ・バヤデール」(マカロワ版)のソロル、「白鳥の湖」(ブルメイステル版)のジークフリート王子、「ドン・キホーテ」(チチナーゼ版)のバジル、「ラ・シルフィード」(ラコット版)のジェームス、「シンデレラ」(ヴィノグラードフ版)の王子、「くるみ割り人形」(ワイノーネン版)の王子、キリアン振付「小さな死」「スリープレス」「ウィング・オブ・ワックス」のソリスト、ローラン・プティ振付「コッペリア」のフランツ、ノイマイヤー振付「タチアナ」のエフゲニー・オネーギン、マクミラン振付「マノン」のレスコー、アシュトン振付「マルグリットとアルマン」のアルマン、「ジゼル」のアルブレヒト、ロビンズの「イン・ザ・ナイト」「アダー・ダンス」のソロなどがある。

2009年モスクワ国際バレエ・コンクール第3位
2011年セルジュ・リファール国際バレエ・コンクール第2位
2012年「ヤング・バレエ・オブ・ザ・ワールド」コンクール第1位