白鳥の湖

(全幕)

Swan Lake

 ドラマティックなストーリーと美しい情景が人々を魅了する不朽の名作「白鳥の湖」。牧阿佐美バレヱ団の本作は、数多く上演される「白鳥の湖」のなかでも特に優れた舞台として、文化庁芸術祭主催・「白鳥の湖」日本初演40周年記念公演で上演されました。現在の三谷恭三改訂振付も、プティパ/イワノフ原典版の荘厳で詩的な雰囲気を継承し、さらに、ハリウッド映画の衣裳デザイナーとして活躍するボブ・リングウッドが手掛けた豪華な装置と衣装デザインが、美しい物語世界をより一層、格調高く彩ります。

 主演は、英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル、マリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフを再び牧阿佐美バレヱ団に迎えます。美しさを極める白鳥の群舞、珠玉の踊りを繰り広げる精鋭ソリストたちとの共演は見逃せません。

 上演のたび、深い感動を呼び高い評価を獲得している牧阿佐美バレヱ団の「白鳥の湖」。伝統に磨かれた古典作品の魅力を存分にお楽しみください。

 

公演日:2024年10月12日(土)14:00開演、13日(日)14:00開演

会場:文京シビックホール大ホール

 

音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

演出・改訂振付:三谷恭三(テリー・ウェストモーランド演出・改訂振付に基づく)

美術:ボブ・リングウッド

 

芸術監督:三谷恭三

指揮:デヴィッド・ガルフォース

管弦楽:東京オーケストラMIRAI

  


出演

マリアネラ・ヌニェス
(英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル)

マリアネラ・ヌニェス (英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル)

ワディム・ムンタギロフ

(英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル)

ワディム・ムンタギロフ  (英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル)

 

牧阿佐美バレヱ団

「白鳥の湖」「時の彼方に アビアント」 
オフィシャル・ファンクラブ「牧バレエフレンズ」限定 2演目セット券発売のお知らせ!!

 牧阿佐美バレヱ団は、今年10月、主役にゲストを迎える「白鳥の湖」と、牧バレヱ団オリジナル作品「時の彼方に アビアント」の2演目を上演いたします。

 ファンクラブの皆様には見やすいお席を最も早く購入していただけるように、ファンクラブ限定の2演目セット券を設定いたしました。しかも、ファンクラブ特典の5%割引も適用されます!!各演目単独のチケット発売より早く購入していただけますので、この機会に、オフィシャル・ファンクラブ牧バレエフレンズへの入会をぜひご検討ください。

※「白鳥&アビアント」セット券は購入手続きが通常と一部異なりますので、お申込みの前に、以下の内容をご確認くださいますようお願いいたします。

 

◆牧バレエフレンズ限定セット券先行受付期間:

6月12日(水)10:00~6月18日(火)23:59

セット券のお申込みはこちら → https://r-t.jp/ambt-swanlake

※セット券のお申込みには牧バレエフレンズのご入会が必要です。

◆セット券内容は「白鳥の湖」、「時の彼方に アビアント」それぞれS席1枚ずつ、1セットの料金は31,350円です(正規料金の5%引き)。

◆「白鳥」については、お申込み時にご希望日と座席をご指定いただきますが、「アビアント」は後日お知らせするURLにて座席指定をしていただきます。「@mail.tstar.jp」からのメールを受信できるよう、ドメイン指定の設定を必ずお願いいたします。また、「アビアント」公演のお座席指定申込にはセット券購入時のMAからはじまる12桁の受付番号が必要となりますので、購入完了メールは大切に保存ください。

◆「白鳥」チケット発券時にセット券総額の金額がチケットに印字され、「アビアント」チケットには「セット券購入者座席指定券」、チケット料金は「0円」などど表記されますので、ご承知おきください。

◆セット券発売に合わせて牧バレエフレンズにご入会いただける場合は、先行受付開始日の前日までに手続きされることをおすすめいたします。

 入会のお申込みはこちら → https://www.ambt.jp/maki-ballet-friends/

チケット料金(税込・全席指定)

S席20,000円、A席17,000円、B席13,000円、C席10,000円

 

*4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。お子様も一人一枚チケットをお求めください。 

*座席により舞台の一部が見にくい場合がございます。予めご了承ください。 

*やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。 

*公演中止を除き、チケットの変更および払い戻しはいたしません。

*開演後のご入場は制限させていただく場合がございます。

チケット発売日

6月12日(水)10:00 ~ 18日(火)23:59 公式ファンクラブ「牧バレエフレンズ」限定 白鳥&アビアントセット券先行発売

6月19日(水)10:00~ 公式ファンクラブ「牧バレエフレンズ」先行発売

6月26日(水)10:00~ メルマガ会員先行発売

7月4日(木)文京区民先行発売

7月5日(金)~6日(土) シビックメンバーズ先行発売

7月10日(水)10:00~ 一般発売

ものがたり

 友人たちと狩に出掛けたジーグフリード王子は、森の中で白鳥の群れに出会う。白鳥を追って行くと、湖のほとりで一羽が美しい娘に姿を変えるのを見て王子は驚く。娘はオデットと名乗り、魔術師フォン・ロットバルトに捕らえられた娘たちが白鳥の姿に変えられ、夜の間だけ人間に戻れるのだと告げる。まだ誰をも愛したことのない若者が永遠の愛を誓った時、魔術は解かれる。二人は互いに惹かれ合うが、夜明けが近づき、オデットは白鳥の姿に戻っていった。


翌日、城では宴が開かれ、王子の妃の候補として選ばれた姫たちが、ハンガリー、スペイン、イタリア、フランス、ロシア、ポーランドの各国から集い、舞踏会が始まった。しかし王子の想いはオデットから離れず、花嫁を選ぶことを拒否してその場にいる人々を驚かせる。そこへ突然、フォン・ロットバルト男爵と、その魔術によってオデットに似た姿に変身したロットバルトの娘、オディールが現れた。すっかりだまされた王子は、オディールをオデットと信じ込み、彼女こそは自分の選んだ愛する人であると誓ってしまう。そして、ロットバルトの罠にかかったことを知った王子は絶望の中、オデットを求めて宮殿を飛び出してゆく…。

作品の見どころ

(文・川島京子/跡見学園女子大学文学部教授)

チャイコフスキーの荘厳な音色と美しい白鳥達が織りなす純白の世界、オデット姫と王子の哀しい愛の物語。バレエの代名詞と謳われ、見る者すべてを魅了し続けてきた不朽の名作『白鳥の湖』。

『白鳥の湖』は、1895年にプティパとイワノフによってサンクトペテルブルグのマリインスキー劇場で大成功を収めて以来、世界中で愛され続けてきました。その間数々の振付家が改訂に挑み、現在では「バレエ団の数だけ『白鳥の湖』がある」と言われるほど沢山の版が存在します。牧阿佐美バレヱ団の『白鳥の湖』は、プティパ/イワノフの原振付を忠実に受け継ぐテリー・ウエストモーランド版。オリジナルの劇的要素そのままに感動の物語を今に伝えます。

~第一幕~ 城の庭
チャイコフスキーの名曲とともに華やかな王子の祝宴

舞台は深い緑に包まれたドイツの城。成人を迎えたジーグフリード王子を祝う賑やかなパーティーが繰り広げられています。美術を手掛けるのは、数々のオペラやハリウッド映画でも活躍するボブ・リングウッド。舞台を埋め尽くす鮮やかな色彩、本物のシルクを贅沢に使ったこだわりの衣裳にも是非ご注目下さい。


そこに王子の母である王妃が現れ、お祝いに弓矢をプレゼントします。王妃は、明日の舞踏会で花嫁を選ぶよう伝えます。だんだんと日が暮れ友人たちが去ってゆく中、孤独と不安に駆られてゆく王子。母からもらった弓矢を手に、友人たちと白鳥狩りに出かけます。ウエストモーランド版では、踊りだけでなく一つひとつの仕草や演技までもがチャイコフスキーの音楽と見事に融合しながら物語を運んでゆきます。

~第二幕~ 湖のほとり
王子とオデットの出会い、そして美しい白鳥達が奏でるバレエ・ブラン

悪魔が支配する湖のほとり。白鳥狩りに来た王子の目の前に現れたのは、悪魔の呪いによって白鳥の姿に変えられた美しいオデット姫。二人の出会いのシーンは、作品一番の見どころです。そっと近づく王子にオデットは悲しい身の上を打ち明けます。真実の愛を得られれば人間の姿に戻れると知った王子は、オデットに永遠の愛を誓います。こうした会話を伝えるマイム(身振り)の多くが、現在では省略されてしまっている中、牧阿佐美バレヱ団の『白鳥の湖』は、オリジナルのままに一言一言を丁寧にマイムで語ってゆきます。

第二幕は、バレエ・ブラン=「白いバレエ」という名の通り、大勢の白鳥達が舞台を埋め尽くします。牧バレヱ団が誇る一糸乱れぬ群舞(コール・ド・バレエ)が限りなく美しい幻想の世界を描きます。

~第三幕~ 城の広間 
盛大に開かれる王子の花嫁選びの舞踏会。見どころ満載の第三幕!

華やかな舞台、目を見張るような踊りの連続、劇的なストーリー展開、第三幕はすべてが見どころ。ハンガリー、スペイン、ナポリ、ポーランドの民族舞踊と各国からの美しい花嫁候補たちの踊りも、舞踏会を盛り上げます。磨き抜かれたキャラクターダンスは勿論のこと、それぞれの国の特徴をあしらった衣裳デザインにも注目です。


そして、第三幕といえば王子と黒鳥オディールのパ・ド・ドゥ。悪魔の陰謀で、オデット姫にそっくりの黒鳥オディールが登場。妖しく誘惑するオディールに王子はまんまと騙され、ついに結婚を誓ってしまいます。二人の踊るパ・ド・ドゥはまさに超絶技巧の極致。ダイナミックな回転技が次々と披露されます。第三幕の妖艶なオディール姫は第二幕の清純なオデット姫との一人二役。どのように演じ分けるか、主役の腕の見せどころです。


~第四幕~ 湖のほとり 
オデット姫と王子の運命は如何に!牧阿佐美バレヱ団の第四幕は感動の結末

王子は許しを乞うため再びオデット姫の元を訪れます。しかし、誓いは破られ、もはや永遠に結ばれることのない二人。二人に残された望みはただ一つ、あの世で結ばれること・・・二人は湖に身を投げます。


『白鳥の湖』はソビエト時代に、この結末を、社会主義の勝利を暗示するように、悪を倒し善が勝利するというハッピーエンドに書き換えられてしまいました。現在もロシアをはじめ多くのバレエ団でハッピーエンドの『白鳥の湖』が上演されています。しかし、『白鳥の湖』は、台本の流れも、またチャイコフスキーの音楽も、悲劇として作られたものです。牧阿佐美バレヱ団の『白鳥の湖』は、オリジナル通りの悲劇。是非、『白鳥の湖』本来の深い感動を味わっていただければと思います。



主催:一般財団法人 牧阿佐美バレヱ団

共催:文京シビックホール(公益財団法人文京アカデミー)

後援:一般社団法人 日本バレエ団連盟

特別協賛:大和証券株式会社