三銃士

The Three Musketeers

日時:2019年

10月5日(土)15:00

10月6日(日)14:30 

 会場:文京シビックホール 大ホール
<全2回公演>上演時間約1時間50分(休憩含む)

演出・振付:アンドレ・プロコフスキー

原作:アレクサンドル・デュマ

音楽:ジュゼッペ・ヴェルディ

編曲:ガイ・ウールフェンデン

美術・装置デザイン:アレクサンドル・ワシリエフ 

フランスの文豪アレクサンドル・デュマの人気作「三銃士」がバレエに!

映画、舞台、テレビで繰り返し作品化され、世界中の人々を夢中にさせる三銃士の物語。

バレエは1980年にオーストラリア・バレエ団によりシドニーオペラハウスで初演、エンターテイメント性の高い作品として人気を博しています。ドラマに添うヴェルディの情感豊かなメロディーと、世界的な衣装デザイナー、アレクサンドル・ワシリエフの美しい衣装。そして最大の魅力はダンサーと登場人物の個性が重なるキャラクター造形です。主人公ダルタニヤンと固い友情で結ばれる銃士たちには、主役級の実力派男性ダンサーが勢揃いし、ジャンプや巧みな剣さばきで目の覚めるような決闘シーンを繰り広げます。また、侍女コンスタンス、王妃アンヌ、王妃を陥れる悪女ミレディなど、個性の違う美しさを競う女性陣からも目が離せません。

手に汗握るハラハラ・ドキドキの場面が満載!バレエでは珍しく、男性ダンサーの活躍を大いに堪能していただける作品です。「三銃士」を国内でレパートリーに持っているのは、牧阿佐美バレヱ団だけ。壮快な冒険物語を心ゆくまでお楽しみください!

 

★ゲストダンサー出演決定!

ドミートリー・ソボレフスキー

スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念 
国立モスクワ音楽劇場バレエ団 シニア・プリンシパル

2018年牧阿佐美バレヱ団「ドン・キホーテ」公演で大好評を博し再来日! 
プロフィールはこちら>> 

チケット料金(税込・全席指定)

S席11,500円、A席8,000円、B席5,000円

S席ペア21,500円 A席ペア15,000円 B席ペア9,500円 

(ペア料金の対象は2階席のみ)

※2019年9月5日(木)10時から発売のフレンドリー席(F席)*があります

(お席は選べません)
チケットについて 詳細はこちら>>

文京シビックホール 座席表はこちら>>

※当日券のみ学生割引があります(お席は選べません。要学生証提示)。

A席4,000円 B席3,000円 

チケット発売日

5月23日(木)10:00~……バレエ団公式ファンクラブ「牧バレエフレンズ」先行発売 
5月29日(水)10:00~……バレヱ団メール会員先行発売 
6月11日(火)10:00~……一般発売 

牧阿佐美バレヱ団 三銃士チラシ
ダウンロード
牧阿佐美バレヱ団 三銃士チラシPDFファイル
sanjushi2019.pdf
PDFファイル 6.3 MB


17世紀フランス。青年ダルタニヤンは国王ルイ13世の銃士隊に入隊することを夢見てパリにやってきます。そこで三銃士のポルトス、アトス、アラミスに出会い意気投合。彼らは固い友情で結ばれ国王と王妃アンヌへの忠誠を誓います。一方、国王の寵愛を一身に受けるアンヌ王妃の失脚を狙う枢機卿リシュリューとミレディは、王妃が密かにイングランドの大使、バッキンガム公爵を愛している事実を暴こうとしています。ダルタニヤンと侍女コンスタンスの恋や三銃士との友情を織り交ぜながら、宮廷に渦巻くスリリングな人間模様を描く心躍る冒険活劇。枢機卿たちの謀略に、ダルタニヤンと三銃士たちは打ち勝つことができるのか。

勇気ある青年ダルタニヤン、可憐なコンスタンス、勇猛なポルトス、知力のアトス、粋なアラミス、妖艶な悪女ミレディなど魅力あふれる多彩な登場人物を牧阿佐美バレヱ団の個性豊かなダンサーたちが総力を挙げて演じます。



ダルタニアン

ドミートリー・ソボレフスキー
プロフィールはこちら>>
コンスタンス

青山 季可(5日)

光永 百花(6日)

ポルトス

清瀧 千晴
アトス

水井 駿介
アラミス

山本 達史

ミレディ

中川 郁
バッキンガム公爵
菊地 研(5日)

ラグワスレン・オトゴンニャム(6日)

アンヌ王妃

茂田 絵美子(5日)

佐藤 かんな(6日)
ルイ13世

今 勇也


ドミートリー・ソボレフスキー 

スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念 国立モスクワ音楽劇場バレエ団

シニア・プリンシパル

ノリリスク生まれ。2002年にクラスノヤルスク国立舞踊大学に入学。2010年に卒業後、クラスノヤルスク国立オペラ・バレエ劇場にリーディング・ソリルトとして入団。2012年に国立モスクワ音楽劇場バレエに入団。 

レパートリーは、「ラ・バヤデール」(マカロワ版)のソロル、「白鳥の湖」(ブルメイステル版)のジークフリート王子、「ドン・キホーテ」(チチナーゼ版)のバジル、「ラ・シルフィード」(ラコット版)のジェームス、「シンデレラ」(ヴィノグラードフ版)の王子、「くるみ割り人形」(ワイノーネン版)の王子、キリアン振付「小さな死」「スリープレス」「ウィング・オブ・ワックス」のソリスト、ローラン・プティ振付「コッペリア」のフランツ、ノイマイヤー振付「タチアナ」のエフゲニー・オネーギン、マクミラン振付「マノン」のレスコー、アシュトン振付「マルグリットとアルマン」のアルマン、「ジゼル」のアルブレヒト、ロビンズの「イン・ザ・ナイト」「アダー・ダンス」のソロなどがある。 

 

2009年モスクワ国際バレエ・コンクール第3位 

2011年セルジュ・リファール国際バレエ・コンクール第2位

2012年「ヤング・バレエ・オブ・ザ・ワールド」コンクール第1位



指 揮:ウォルフガング・ハインツ(シュツットガルト・バレエ団指揮者)

演 奏:東京オーケストラMIRAI


*4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。お子様も一人一枚チケットをお求めください。 
*座席により舞台の一部が見にくい場合がございます。予めご了承ください。 
*やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。 
*公演中止を除き、チケットの変更および払い戻しはいたしません。


主 催:一般財団法人 牧阿佐美バレヱ団

共 催:文京シビックホール(公益財団法人文京アカデミー)

後 援:一般社団法人 日本バレエ団連盟